1. ホーム
  2. ボス戦攻略
  3. 追憶のレオパルド

追憶のレオパルド

基本データ

ステータス

図鑑No. 系統 HP MP 攻撃力 守備力 素早さ
322 EXTRA 9300 749 192 294

※系統はEXTRAだが、獣系と同じ弱点を持つ。

報酬

EXP G 落とすアイテム(確率)
55555 0 すばやさのたね(1/1)

呪文などの有効率

攻撃系
  • メラ
  • ギラ
  • イオ
  • バギ
  • ヒャド
  • デイン
  • ザキ
  • 吹雪
  • 強打
  • 軍隊
補助系
  • ラリホー
  • メダパニ
  • マヒ
  • マヌーサ
  • マホトーン
  • 踊り封じ
  • 1ターン休み
  • ルカニ
  • ボミオス
  • マホトラ
  • 太字:確実に効く
  • 黒字:よく効く
  • 灰字:あまり効かない
  • 灰字:効かない

特性

  • 3回行動

行動

  • 通常攻撃
  • 痛恨の一撃(敵単体に通常攻撃の2.5倍のダメージ/守備力無視)
  • しゃくねつの炎(敵全体に150~170ダメージ/炎系)
  • かがやく息(敵全体に210~230ダメージ/吹雪系)
  • おたけび

戦う場所

攻略法

追憶の回廊における8番目の試練。魔犬レオパルドの強化版。1ターンに3回行動し、強烈な「痛恨の一撃」や各種ブレス、「おたけび」といった、まったく無駄のない猛攻撃を仕掛けてきます。素早さも非常に高く、ゲルダでも先手を取れないことが多々あります。「いてつく波動」を使わない点や、耐性のわずかな隙を突いて戦略を考えましょう。

正攻法で倒す場合

回避率を上げる

攻撃力749で繰り出される「痛恨の一撃」は、約700ものダメージを与えてきます。通常攻撃でも十分に甚大なダメージを与えてくるので、こちらは回避率の上がる防具(しんぴのビスチェくノ一装束やみのころもファントムマスク)を装備して生き残れる確率を上げましょう。

「マジックバリア」で「おたけび」を防ぐ

追憶のレオパルドが使う「おたけび」は、「マジックバリア」で耐性を上げられるので、1ターン目はゼシカが「マジックバリア」を使いましょう。その際、「チャイナドレス」で素早さの上がったゲルダが「ピオリム」を使えば、ゼシカの素早さも大幅に上がって、先制できる可能性が高くなります。「ピオリム」を使った後のゲルダは、装備を「くノ一装束」に戻すこと。

回復は「ベホマズン」で

「しゃくねつの炎」「かがやく息」対策に「フバーハ」は有効ですが、「痛恨の一撃」と組み合わされば、ほぼ確実に即死ダメージを受けてしまいます。この猛攻に対抗するには、主人公が最後尾で常に「ベホマズン」を唱えるくらいしかないでしょう。もちろん、誰が力尽きても復活できるように、「ザオリク」などの復活手段は3人以上が持っているべきです。

極大ダメージを与える攻撃を選ぶ

追憶のレオパルドにはほぼすべての属性ダメージが有効ですが、HPが9300もあるため、「メラゾーマ」程度のダメージでは微弱です。「ふしぎなタンバリン」を2個使って素早くテンションを上げた後、「マダンテ」や「ゴッドスマッシュ」、パーティ全体のHPに余裕があれば、主人公も「ドラゴンソウル」で攻撃に参加し、短期決着を狙いましょう。

猛毒状態にして倒す場合

追憶のアルゴンと同様、追憶のレオパルドも「ポイズンソード」で猛毒状態にすることができます。主人公・ククール・ゲルダは前方で「大ぼうぎょ」を使い、最後尾のゼシカが「ポイズンソード」で攻撃すれば、全員が生き残れる確率は高いでしょう。ただし、この場合も「おたけび」に対抗するため、1ターン目は上述の「ピオリム」+「マジックバリア」を使った方が無難です。敵を猛毒状態にすれば、あとは9ターンほど「大ぼうぎょ」で耐え抜けば勝利できますが、「マジックバリア」の効果が切れると「おたけび」が効いてしまうので、再び使い直すこと。

キャラクター

味方キャラ

敵キャラ

アイテム

装備品(武器)

装備品(防具・装飾品)

道具

配信限定

特殊能力

スポンサードリンク